トップ>幼児教育について・・・無駄な学習はありません

無駄な学習はありません





上のグラフは学習の度合による習得率の変化を表しています。

例えば、『ひらがな』をを学習し始めたとします。

緑の理想直線のように『ひらがな』を学習しただけ、成果がでて、
ひらがなの『あ』を見れば、「あ!!」・・・というように
すぐに答えられるようならば、楽しくてどんどん学習をしていくでしょう。

 でも、実際は赤い曲線のように、放物線を描いて学習の成果が増えていきます。

一生懸命ひらがなを覚えているのにも関わらず、
なかなかひらがなの『あ』を見ても、「???」というようなことがあります。

一見、「いくらやってもダメなのかなぁ?」と思ってしまいそうですが、
学習して、決してダメだったり、無駄だったりすることはありません。

オレンジの点線で囲まれている時期は、
学習する時間の割りに、なかなか思うように成果が見えません。

だからといって、まったく習得されていないと言うことではありません。
それは少なからずも確実に習得されていっているのです。
そして、いつか必ずある時期を境に急上昇して伸びてくるときがきます。

オレンジの点線で囲まれている時期は、成果が見えず
あきらめたり、挫折しそうになりますが、
決してあきらめずに、継続してやって下さい。

オレンジの点線で囲んだ地盤固め・基礎固めの時期があるからこそ、
急に成果が表われるときがくるのです。
なにもせずに、急に成果が上がることはありません。

 ですから、その成果が表われてくるときまで温かくお子様を見守っていて下さい。








また、上のグラフの様に個人個人の能力によって学習成果の曲線は違います。

AくんとBくんを比べると、学習の成果が少ししか伸びないオレンジの期間は
Aくんの方が、Bくんよりも短いので、
Aくんの方が、Bくんよりも早く学習成果がでます。

Bくんは、オレンジの期間がAくんと比べると長いですが、
必ず学習成果が現れるときがきます。


学習しても、なかなか結果が見えないからといって
ダメだとか、無駄だと思って
学習することを止められたり、諦めたりしないで下さい。

学習したことは、必ず実になっています。

ぜひ、どんなこと諦めずに、

そして、必ず成果が出てくる時期が来ることを信じられて

どんどんお子さまにチャレンジさせてあげて見て下さい。

















































































































































・心理カウンセリング
・メンタルヘルス
・人材教育
・ストレスマネジメントの

ONEREST(ワンレスト)



↑  ↑  ↑

心理カウンセリング
ヒプノセラピー
コーチング

をされたい方は
どうぞ、こちら



〜元気が出るメッセージ〜



presented by 地球の名言