トップ教育コラム>「ピグマリオン効果」

「ピグマリオン効果」


ピグマリオン効果というものがあります。

これはアメリカの教育心理学者ローゼンタール教授が実験したもので、

学力の成績がバラバラな子ども達を無差別に選んだ学生のクラスを

2つ作りました。片方のクラスの担任の先生には、

「このクラスの子たちは、優秀な子たちばかりで、

数ヶ月後にはかなり成績が伸びる子達です。」と伝え、

もう片方のクラスの担任の先生には、

なにも伝えずに数ヶ月間教えてもらいました。


そうすると、
「このクラスの子たちは、
優秀な子たちばかりで、
数ヶ月後にはかなり成績が伸びる子達です。」

と伝えた方のクラスの子どもたちは高い成績の向上が見られました。


この様にピグマリオン効果とは、
期待をかけて接していると現実にそのようになるといった話です。

すべての子ども達に、無限大の才能の種があります。


子どもには、どんどん期待をかけて、

その期待に応えてくれると、そのことに対して喜び、誉めてあげて下さい。

もし、期待に応えられなかったとしても、

否定したり、蔑ますことなくその結果をしっかりと受け止めてあげて下さい。

この結果は、次に進むためのステップなのだと、

前向きに捉えるよう伝えていってあげて下さい。

そうすると、自信をもってチャレンジしていき、

次々に子ども達は、目標を達成していったり、

夢を叶えていくようになりますよ。






子育てや、教育のやり方など、お悩みのときは、
お気軽にご相談・お問合せ下さい。

【 ご相談・お問合せ先 】

TEL: 0120-040-039 /   093-341-0840


携帯電話:080-6435-6125





 「早期教育」 は,良いのか?悪いのか?    
 「〜をしたらダメ」 はダメ    
 「興味のわかせ方」    
 「喜怒哀楽」を
 「勉強したくない。」の奥に隠れているものは・・・  
 「間違い」 は 「OK」
 「覚えること」の減少
 「勉強」の意味
 「どうしてできないの」ではなく、「どうしたらできるのかな」を
 『理解できること』・『表現できること』とは・・・
 「学習性達成感」
 「ピグマリオン効果」



















































































































































































・心理カウンセリング
・メンタルヘルス
・人材教育
・ストレスマネジメントの

ONEREST(ワンレスト)



↑  ↑  ↑

心理カウンセリング
ヒプノセラピー
コーチング


をされたい方は
どうぞ、こちら



〜元気が出るメッセージ〜



presented by 地球の名言