トップ教育コラム>「早期教育」は良いのか?悪いのか?

「早期教育」は良いのか?悪いのか?


よく、


「あまりにも早く幼児教育を始めると、先でやる気を失くして、
 かえって、早くからやらない方が良いのではないですか?」



とご質問されることがあります。


「どうして、早くから幼児教育をした方が良いのか」 は、

>>> 早期幼児教育の必要性
に説明してありますので、ご覧下さい。


早期教育が、良いのか?悪いのか?は

どんなことを、どのようにしていくのか?

によって違ってきます。



主にプリント学習や詰め込み式の「早期教育」だと

答えが 「○」 か 「×」 しかないので、

子どもにとっても喜びの基準が

「できた」 か 「できなかった」 

の2つの結果しか得られません。

また、

プリント学習では、

「どうしてそうなるのか?」 や

間違った問題は、

「どうして間違ったのか?」

振り返ることがなかなか難しいです。


そうなると、子どもとしては、楽しめる範囲がすごく狭くなるので、

はじめはやる気を出して、やっていても

段々と飽きていってしまいます。


そうなると、あまり早くから早期教育行うと、

学習への物足りなさや抵抗感を感じてしまい、

結果的に早期教育をやらなかった方が良かったとなります。


でも、完成するまで、何回でも失敗しながらやっていき、

できたことの達成感を味わえるような早期教育
だと、


子どもは、前向きに捕らえて、挑戦する心が育っていくので、

早い時期から、早期教育を始めて行った方が良いです。





子育てや、教育のやり方など、お悩みのときは、
お気軽にご相談・お問合せ下さい。

【 ご相談・お問合せ先 】

TEL: 0120-040-039 /   093-341-0840


携帯電話:080-6435-6125





 「早期教育」 は,良いのか?悪いのか?    
 「〜をしたらダメ」 はダメ    
 「興味のわかせ方」    
 「喜怒哀楽」を
 「勉強したくない。」の奥に隠れているものは・・・  
 「間違い」 は 「OK」
 「覚えること」の減少
 「勉強」の意味
 「どうしてできないの」ではなく、「どうしたらできるのかな」を
 『理解できること』・『表現できること』とは・・・
 「学習性達成感」
 「ピグマリオン効果」

































































































































































・心理カウンセリング
・メンタルヘルス
・人材教育
・ストレスマネジメントの

ONEREST(ワンレスト)



↑  ↑  ↑

心理カウンセリング
ヒプノセラピー
コーチング


をされたい方は
どうぞ、こちら



〜元気が出るメッセージ〜



presented by 地球の名言